【DQ11】PS4版と3DS版の違い

なんやかんやと楽しいDQ11。

今は3DS版を楽しんでいます、というか今後も3DS版で進めるでしょう。

というのも、ふっかつのじゅもんでのプラットフォーム変更は細かいやり込み部分が全く引き継がれないのでね、まぁ予想通りだけれども。

特に鍛治レシピとかクエストとかは全然引き継がれないっぽい。

なので私は3DS版のまま進めることにしました。

PS4版は妻がプレイしているから、まぁ無駄にはならないでしょう。

とりあえず、私自身はPS4で始めて、5時間くらいプレイしてから3DSに移行したわけですが、それぞれの違いについて所見。


■操作性
3Dモードで言えば、PS4版の方が操作性は上だと思います。

特にコマンド選択ね。

私の3DSはNew3DSですが、それでもなんか反応が悪い気がする。

十字キーで選択するときにワンテンポ遅れる感じなのですよねぇ。
(メニューも戦闘もどちらも)

これは3DS版のものすごいマイナスポイントだと思う。

■グラフィック
そりゃPS4の方が圧倒的に綺麗です。

・・・が。

PS4の方がカメラワークが微妙に思える・・・

ゲームとしての面白さそのものが揺らぐ程にPS4と3DSのグラフィックレベル差が影響はしないと私は感じます。

なので、3DSで始めた人はそのまま3DSで楽しんでいけると思いますね。

ただ、PS4版を見てしまうと、イベント部分だけはPS4で見たい、と思っちゃうときはあります。

あ、後は女の子キャラのグラフィックね。

踊り子の服とか、セーニャが装備するとグラが変わるのですよ。

これはPS4版で見たいですね、3DS版でもちょっとうれしいグラフィックなので。

■すれ違い通信とかボウガンアドベンチャーとか。
まだあまり出来ていませんが、それぞれプラットフォーム毎に違いがある部分。

楽しいものなのか、という部分は私はまだその域に達していません。

強いて言えば、PS4版でうろちょろしてたジブリの木霊みたいなの。

あれが3DSのすれ違い機能に関係しているとは思いませんでした。
(PS4でも何かで関係するのかもだけれど)

■ゲーム性
ゲーム性だけで言えば、PS4も3DSも同じレベルで面白い。

正直、ゲームはグラフィックじゃないよね、と言い切れます。

もちろんPS4版の方が圧倒的に戦闘モーションは派手だけれども、その違い程度でしかない。

メインとなるシステムは同じだし、そういう意味ではゲームに対してのプレイスタイルで決めていいと思う。

家でがっつりプレイするタイプの人はPS4版。

私のように、空いた時間にちょこちょこプレイするタイプの人は3DS版。

将来ニンテンドースイッチ版が出たら、3DS版の上位互換になるのではないでしょうか。


ニンテンドースイッチを持っていて、ニンテンドースイッチ版が出るまで待てる人であれば、そっちを待ってもいいかもしれません。

ただ、色々なところで情報は出てしまっているでしょうし、どこかでネタバレを見ちゃうかもしれない。

基本的な内容は当たり前に変わらないと思うので、そこは人それぞれですかねぇ。

ということで、これが私の所見。


どちらにせよ、DQ11、古きよき部分と新しい部分が高いレベルで融合している、そんな気にさせてくれる王道RPGだと思います。

以上
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(年齢を考えたまえよ・・・)
次のページ(わいわい集まるゲームってないねー)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
自己紹介
リアルが忙しいため、日記はリアルが大半を占めますが、ゲーム関連も充実させていくことが目標です。 魂と睡眠削って、遊びます

千輝

  • Author:千輝
  • 千輝で、かずきと読みます。
    仕事と家庭を両立させつつ、ゲームもかなりプレイ!
    実際は携帯ゲーム機がメイン。
    オンゲはPSO2とRO。
    PSO2:Ship1(フェオ)
    RO:Trudr



最新の日記
カテゴリー別
頂いたコメント(有難う♪
昔の日記
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
アルカナツール
購入予定ゲーム
購入を予定している、かつサイトにバナーがあったゲームを載せています♪
PSO2_145x350_応援バナー01
モンハン関連情報
ガストゲームズサポーターズ

ガストゲームズサポーターズリンク「イリスのアトリエ~グランファンタズム~・アルトネリコ」公式サイトはこちらへ!

リンクについて

当Blogはリンクフリーです。
が、一言頂けると、管理人が㌧でもなく喜びます。
バナーはお持ち帰りの上、ご使用下さい。

舞音

ラム

もちもち

はんたー